白色申告を行う前の段階で注意が必要なこと

admin

2017年3月25日

1年間の取引を帳簿に記録する

会社員が金融商品で利益を出したり、ネットで収入があったりといった場合には一定金額を超えると確定申告をする義務が発生します。また、個人事業主で活動している場合も確定信仰を行う必要があります。白色申告は確定申告のやり方の1つで、開業届を出していない場合に選択します。開業届を出していると白色申告よりも控除の大きいやり方を選択できますが、収入の金額が大きくなかったり、副業程度で満足したりといった場合は白色申告で十分でしょう。実際に白色申告を行う場合の注意点は1年間の取引を帳簿に記録することです。帳簿は申告する際に提出しませんが、作成しなければなりません。作成する際は手書きでも問題ありませんが、会計ソフトを使用すると楽です。

経費にできる内容を確認する

白色申告は開業届を出す形でのやり方よりも控除の金額が小さいため、経費にできる内容を確認して計上することによって、納める税金の金額は少なくなります。ただし、自分勝手な理由で計上が認められていないものを経費にすることは不可能です。ですから、経費として認められている内容を確認するだけではなく、理由についてもしっかりと考えておくことが大切です。そうすれば、白色申告をする際に質問された際に的確に説明できます。また、経費として計上するのであれば領収書が必要なので、物を購入する時やサービスを利用する際は必ず領収書を発行してもらうようにしましょう。クレジットカードを利用した場合は明細が領収書の代わりに使用可能です。

白色申告の特徴は、面倒な手続きがほとんど必要無いことです。青色申告のような節税効果は見込めませんが、すぐに手続きが終わることは大きな魅力です。

Related Posts

そんな人いるの!?タクシー運転手のあるある3選

admin

2017年4月27日

聞いてないのに野球の試合結果を教えてくれる この経験がある方はけっこう多いのではないでしょうか?最近でこそ若干 […]

Read More

タクシーの運転手は働きやすい?稼ぎやすい?

admin

2017年4月27日

年齢に関係なく応募が可能 今は求人を出すときにあからさまな条件を出せないようになっています。年齢が何歳以上、何 […]

Read More