ストレスチェックについて理解しておきたいこととは?

admin

2017年2月27日

ストレスチェックとは何か?

ストレスチェックとは、ストレスに関する質問票に労働者が記入、そしてその結果を集計、分析することによって、労働者のストレスの状態が、どのように推移しているのかを調べる検査のことです。労働安全衛生法が改正されて以来、事業所に労働者が50人以上いる場合、毎年一回、事業所内全ての労働者を対象に実施することが義務付けられています。このチェックの義務の対象外となるのは、契約期間が一年未満の労働者、さらには労働時間が所定労働時間の4分の3未満の短時間労働者です。このチェックをすることによって、労働者自身が自分のストレスの状態を知ることになり、ストレスが高い結果となった場合には、会社側に仕事の負担率を軽減する措置を行ってもらったり、医師の診断を受けるようにしたりすることによって、鬱などの症状が発生しないよう未然に防止する目的があります。

ストレスチェックを導入する際に示す方針とは?

ストレスチェックを導入する前に、話し合っておく必要のある事項は、ストレスチェックを誰に、いつ、どんな方法で、どんな質問票を使って実施するのか、面接指導の申し出は誰にすればいいのか、面接指導を担当する医師は誰に依頼するのか、集団分析はどんな方法で行われるのか、そしてチェックの結果は誰がどこに保存するのか、ということが挙げられます。上記のことをじっくりと話し合った上で明文化しておくことが大切です。そして、明文化した後に、全ての労働者に内容を周知するようにします。その後、実施体制や役割分担なども決めておくようにしましょう。

仕事の効率を上げたいと思った時、その仕事内容をどう処理するかに目を向けがちだが、まずは社員教育をし直すことこそが効率UPの近道なのです。

Related Posts

そんな人いるの!?タクシー運転手のあるある3選

admin

2017年4月27日

聞いてないのに野球の試合結果を教えてくれる この経験がある方はけっこう多いのではないでしょうか?最近でこそ若干 […]

Read More

タクシーの運転手は働きやすい?稼ぎやすい?

admin

2017年4月27日

年齢に関係なく応募が可能 今は求人を出すときにあからさまな条件を出せないようになっています。年齢が何歳以上、何 […]

Read More