気をつけよう! 個人事業主になるときの注意点

admin

2017年2月26日

まずは趣味の延長として始めよう

起業するには、いろいろなパターンがあります。もしもあなたが会社員として働いているなら、いきなり会社を辞めてしまうのはおすすめしません。どんなに自信があるビジネスプランがあっても、会社員としての収入源はしばらく維持してください。最初は、副業または趣味の延長としてビジネスプランを試すところから始めましょう。たとえば飲食業を始めたい場合は、いきなり店舗を借りたりせず、趣味として販売する予定の飲食物を家族や知人に振る舞いましょう。そうすれば、質の高いものを作れるかどうか、体力的・経済的に活動を続けられるかどうか判断できます。初期の段階で問題が発覚したら、改良するか、ほかのプランを選ぶかはあなたの自由です。

借金は少なめにしよう

どのようなプランであれ、起業するには一定の投資が必要になります。もしもあなたが初めての起業にチャレンジしようとしているなら、初期段階で多額の借金をするのはおすすめしません。小規模なビジネスからスタートして、だんだん大きく成長させていくことをイメージしてください。事業を発展させるために借金をするのは悪い選択肢ではありませんが、それは事業が軌道に乗ってからで遅くはないのです。まずは「小さな1歩」からスタートすれば、自分のプランに将来性がないとわかったときも経済的な負担を抑えて撤退できます。大きな負債をかかえてしまうと、ほかのプランで再チャレンジしようとしてもスタートが遅れてしまう可能性があるのです。

フランチャイズとはコンビニや飲食店などで良く見られる事業形態の事で、短期に事業展開を進められるのが利点の一つとなっています。

Related Posts

そんな人いるの!?タクシー運転手のあるある3選

admin

2017年4月27日

聞いてないのに野球の試合結果を教えてくれる この経験がある方はけっこう多いのではないでしょうか?最近でこそ若干 […]

Read More

タクシーの運転手は働きやすい?稼ぎやすい?

admin

2017年4月27日

年齢に関係なく応募が可能 今は求人を出すときにあからさまな条件を出せないようになっています。年齢が何歳以上、何 […]

Read More