営業をアウトソーシング!営業代行の種類ごとの特徴をご紹介

admin

2017年2月26日

支援タイプの営業代行の特徴とは

営業のアウトソーシングサービスである営業代行を営む業者のなかで最も数多いのが支援タイプです。いわゆるアポ代行会社もこのタイプに属します。支援タイプの営業代行に共通しているのが課金システム。アポイント獲得の成否に拘わらず、電話1回あたり幾らという仕組みの料金体系を採用しています。そのため、ある程度の成果が見込める商品やサービスの売り込みでなければ、料金だけを支払う結果に終わる可能性もあるでしょう。

成果報酬タイプの営業代行

得られた成果に応じて料金が発生する営業代行は支援タイプに次いで多い人気のタイプです。結果が出なかった場合は一切負担が発生しないため、利用者側にとってローリスクなアウトソーシングサービスです。しかし業者側にとってはリスキーであるため、売れる見込みがない場合、契約に至らない恐れがあります。売れる確信があるにも拘らず営業マン不足で商機を逸してしまいそうなケースにおいて、利用価値が大きいと言えるでしょう。

全てを一任できるタイプの営業代行もあります

以上2点が一般的なタイプですが、マネージメントタイプと呼ばれる特殊な営業代行もあります。その特徴は営業に関する全てのことを代行してくれること。たとえば営業部門がまだ出来上がっていない新興企業に適しています。営業を切り離すことで本業に注力できるため、人材に乏しい中堅企業でも十分な活用メリットがあります。ただし他の営業代行に比べると費用は高めです。依存しすぎることで情報漏洩リスクも高まるため、適度に距離を置くことが求められるでしょう。

営業代行では、経験豊富なプロに自社の営業活動を任せられるため、円滑なビジネスを実現する上で大変有効な手段となります。

Related Posts

そんな人いるの!?タクシー運転手のあるある3選

admin

2017年4月27日

聞いてないのに野球の試合結果を教えてくれる この経験がある方はけっこう多いのではないでしょうか?最近でこそ若干 […]

Read More

タクシーの運転手は働きやすい?稼ぎやすい?

admin

2017年4月27日

年齢に関係なく応募が可能 今は求人を出すときにあからさまな条件を出せないようになっています。年齢が何歳以上、何 […]

Read More