金も信用も不要!従来のセオリーは通用しない

admin

2017年2月25日

自営業を始めるのに唯一必要なのは正しい判断能力

自分の力で経営する事業を意味する自営業を始めるには、自営業を行う正しい判断能力があれば何時でも始めることが可能です。つまり、制限行為能力者の場合は、騙されたりして自分の意志に反する行為を行う恐れがあるため、制限行為能力者が事業を始める際には保護者などの同意が必要になります。この同意は制限行為能力者を守るためだけではなく、保護者などの同意がない行為は後から取り消される恐れがあるため、事業の相手方の不利益になることを防ぐことにも繋がります。制限行為能力者だけでなく、脅迫や騙されて事業を始めた場合も無効や取り消しになることがあるため、自営業を行うには正しい判断能力が必要になります。

従来のセオリーは通用しない

会社を作るには資本や役員などを公に示す商業登記が必要ですが、自営業の場合は株式会社など組織化せずに個人で事業を行うことも可能なため、商業登記は必ずしも必要ではありません。自営業者は対価を現金で受け取れば、銀行口座を作る必要もありません。営業をする際には電話など通信環境が整っていると便利ですが、魅力あるサービスを提供出来れば営業しなくても客から出向いてくれるため電話等がなくても構いません。商売をするうえで信用は欠かせないとするセオリーが定着していますが、信用は時間を掛け構築されるため開業時に信用がなくても事業は始められます。自営業を継続するには信用は欠かせないとするセオリーも定着していますが、近年は短期で儲けて事業譲渡するスタートアップが流行っており、従来に比べ信用の重要度は低下しています。商業登記や銀行口座を作ることは信用を得ることに繋がるセオリーは、決して今後は有効ではなくなります。

フランチャイズの経営スタイルを採用することで、チェーン店などが画一的なサービスを提供できることがメリットといえます。

Related Posts

そんな人いるの!?タクシー運転手のあるある3選

admin

2017年4月27日

聞いてないのに野球の試合結果を教えてくれる この経験がある方はけっこう多いのではないでしょうか?最近でこそ若干 […]

Read More

タクシーの運転手は働きやすい?稼ぎやすい?

admin

2017年4月27日

年齢に関係なく応募が可能 今は求人を出すときにあからさまな条件を出せないようになっています。年齢が何歳以上、何 […]

Read More